<< 【地方発送いたします】ヴィーガン・スコーン | main | 12.19(火)<新月瞑想会>vol.7 >>

【curry出店】12.10(日)田亀源五郎トークショー@ロフトプラスワンウエスト

佐藤隆太×把瑠都で「弟の夫」ドラマ化、LGBTテーマにしたホームドラマ -

映画ナタリー 2017年12月5日 18:39  https://natalie.mu/eiga/news/259694

 

↑「弟の夫」作者の田亀源五郎さんの書き下ろし本である

『ゲイ・カルチャーの未来へ』出版記念イベントの

告知をするタイミングで、漫画ドラマ化のニュースが。

 

ダブルでおめでとうイベントに!!!

 

恥ずかしながら、未読なのですが、、企画者さんと縁あって、フード出店にお誘いいただきました。

作品とご本人に触れられるきっかけに感謝です。なかなか無い機会だと思うので、ぜひおいでください。

 

 

 

12.10(日)

『ゲイ・カルチャーの未来へ』出版記念

田亀源五郎スペシャル・トークショー in 大阪

 

 

【出演】
田亀源五郎(漫画家、ゲイ・エロティック・アーティスト)
木津毅(ライター・編集者)

 

【場所】

ロフト プラスワン ウエスト

大阪市中央区宗右衛門町2-3 美松ビル3F

06-6211-5592

 

OPEN 12:00 / START 13:00

前売り¥2,000 / 当日¥2,500(共に飲食代別)※要1オーダー¥500以上
前売券はイープラス、ロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約にて発売開始!
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)

http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002244108P0030001
ロフトプラスワンウエスト電話→0662115592(16〜24時)
※ご入場はプレイガイド整理番号順→ロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約→当日の順となります。

 

 

 

日本を代表するゲイ・エロティック・アーティストであり、近年は初の一般誌連載『弟の夫』のヒットで知られる漫画家・田亀源五郎。
その初の語り下ろし本である『ゲイ・カルチャーの未来へ』の刊行を記念して、トーク・ショウを開催します。
日本のゲイ・アート・シーンのパイオニアであり、近年さらに多彩な活躍を見せる田亀氏独自の視点から、自身のキャリアやポリシー、日本における様々なゲイ・イシュー、そしてゲイ・カルチャーの現在と展望を語りつくします。
聞き手は同書の編集人であるライター・木津毅。
Q&Aやサイン会も予定していますので、貴重な来阪の機会をお見逃しなく!
※サイン会では、『ゲイ・カルチャーの未来へ』以外の田亀源五郎作品の持ち込みにも対応いたします。
当日は店内書籍販売、Studio FATEのカレー販売もあります。

 

ele-king Books「ゲイ・カルチャーの未来へ」
http://www.ele-king.net/books/005951/

 

 

 

田亀源五郎 (たがめ・げんごろう)
1964年生まれ。漫画家、ゲイ・エロティック・アーティスト。
1986年よりゲイ雑誌に漫画、イラストレーション、小説などを発表。1994年から専業作家となり、ゲイ雑誌『G-men』の企画・創刊にも携わる (2006年に離脱)。『嬲り者』、『銀の華』、『PRIDE』、『外道の家』、『君よ知るや南の獄』、『冬の番屋/長持の中』、『エンドレス・ゲー ム』、『奴隷調教合宿』など、多数のゲイ漫画を単行本で発表。同時に、日本の過去のゲイ・エロティック・アートの研究、およびその再評価活動を行い、『日 本のゲイ・エロティック・アート』シリーズの編著を務める。また、アーティストとしてはパリ個展やニューヨーク個展をはじめ、アメリカ、イギリス、ドイツ などのアートブックへの作品掲載も多数。
2014年からは『月刊アクション』にて初の一般誌連載である『弟の夫』を開始、同作は第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した。

WEB: https://www.tagame.org/
blog: http://www.tagame.org/jblog/

 

木津毅 (きづ・つよし)
1984年生まれ。ライター・編集者。映画、音楽、ゲイ・カルチャーなどについて執筆。ele-king、カジカジ、ミュージック・マガジン、the sign magazineなどに寄稿。田亀源五郎・著『ゲイ・カルチャーの未来へ』編集。

 

 

--フード--

StudioFATE
雁字搦めな既存のレシピからの逃亡。より安全で愛情のある食の彼方へ。 しれっと日常に入り込みハッとさせる社会活動として俄カリー屋断続中。
空堀の裏路地の複合型アトリエ"StudioFATE"にて、持続可能で創造的な生活提案を実践中。

blog:http://news.fatalbackground.org
FBページ:http://www.facebook.com/fatalbackground/

at 21:42, fate, -

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://news.fatalbackground.org/trackback/1252903