<< 3/12(日)〜 “春のデトックス祭” | main | 3/18(土)19(日) “春のデトックス祭” >>

2017.3.11

2011年3月11日から丸6年。

 

あの頃に生まれた子ども達は

 

もうランドセルを背負うような年に成長してるのか。

 

おませな子だったら「◯◯ちゃんと結婚する!」などと言っていたり、

 

親に小さな嘘をつくことを覚えていたりするのだろうか。

 

私の友だちの6歳の子どもは歴史上の人物を覚えることに熱中していて

 

おとなの私も知らない武将について熱く語っているらしい。

 

 

東日本大震災を知らない子ども達がおとなになる日は

 

思ったよりもすぐにやって来るような気がする。

 

報道が少なくなった原発事故やその被害については

 

今でさえよく知ろうとしない人も多い。

 

よく “伝えていくことこそが「先人」の責任だ” と聞いてきたけれど

 

私たちが今その「先人」なのだということが

 

年々重みを増していく。

 

 

 

戦争を知らない子ども達が 政治家として国を動かすこの時代に

 

「歴史から何を学び何を伝えるか」を問われるような事件や問題が山積している。

 

〜誰もが生き方を尊重される 当たり前の暮らしを〜

 

たったそれだけのことを守るために

 

たくさんの知らないことを少しでも学ばなきゃならないし

 

それには時には恥もかかなきゃならない。

 

それでも これからも 私は黙らない。

 

 

 

3月10日。安倍首相は「節目を越えた」として6年目からは3.11の会見を打ち切ると発表した。

『緊急事態宣言』も解かれていないこの国に私たちは住んでいるということを、あらためて自覚しなきゃならないようだ。

 

 

希望を与えてもらえないなら 作るしかないね!

 

遠慮しないで どんどんやっていきましょ。

 

 

 

 

at 02:06, fate, 雑記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://news.fatalbackground.org/trackback/1252831