<< スコーンお届けプロジェクト構想 | main | 【food出店】2.26(日)UTAGEYA”NightMarket” >>

《勝手にスコーンお届けプロジェクト》(仮)

 

 

《勝手にスコーンお届けプロジェクト》(仮)

 

勝手に始動致しました〜。

 

早速今日はご来客2名さまに梱包をお手伝いいただきましたよ。

どうもありがとうございます〜!

 

前回のblog→ スコーンお届けプロジェクト構想 でも違う入り口から書いたのですが、

とある日、乳製品が入っているキャラメルチョコチップを誤って仕入れてしまった私。

ヴィーガン・スコーンとして販売できないじゃんか!

かといって棄てられない。。

でも使わないのももったいない!

...からの思いつき。笑

 

ここ近年で広まってきた「こども食堂」なるものが必要な世の中ならば、

例えそのほんの一部の役割だったとしても、手づくりスコーンをお届けして、喜んでもらえるかもな?

っていう単純かつ、たくさんの願いと狙いを込めたDIYプロジェクトです。

 

子どもの貧困問題って、

オトナの貧困問題であって、

労働問題であって、

つまりは政治の問題。

 

私たった一人じゃなくて、いろんな人にお手伝いしてもらって、お届けしてもらったら、「こどもたちの今」「今の政治」を少しだけリアルに感じることができるかもしれない。

きっとすでにやってきた人もいるだろうことと思うけど、私がやりだすことで興味を持ってくれる人も出てきて、これからも増えていくかもしれない。

てゆうことは、私のスコーンが政治の問題をカバーするひとつのアクションになっちゃうのだよねー。

楽しい妄想って大切。

 

 

早速、こどもの生活環境に詳しい方などがアドバイスをくださったり、カンパのお申し出もいただいています。

とりあえず、気負わず無理なく楽しんで、ぼちぼちでやっていきま〜す!

と、いいながら、いつものヴィーガン・スコーンに使っている粉の二倍の値段の石臼挽きの全粒粉も使って(しまって)いる。まぁいい。美味しいから。笑

 

 

 

明日2/19(日)、モノ作りアトリエのStudioFATEを昼頃からふんわりオープンしながら、このプロジェクトをお手伝い下さる方もゆるりとお待ちしております。

Curryも食べられるようにしておきますので、よかったらどうぞ◎

 



StudioFATE
大阪市中央区瓦屋町1-1-7

市営地下鉄 谷町線『谷町6丁目駅』
または長堀鶴見緑地線『松屋町』 より共に 徒歩約6分

FBページ https://www.facebook.com/  fatalbackground

 

 

at 20:26, fate, 雑記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://news.fatalbackground.org/trackback/1252823