<< 6/26(木)空堀町から育むパンゲア思想 vol.5 | main | 【FATE×Renpoコラボ企画vol.3】6/28(土) FATEに行こう! >>

Love's Gallery meets Kapoposang Project

カポポサン島って知っていますか?私は初めて知りました。
インドネシア・バリ島のデンパサールから、国内線で1時間30分かけて南スラウェシのマカッサルまで、さらに舟で約3時間の場所に位置する小さなサンゴ島だそう。

美しい青い海と自生するココナッツの木に囲まれたカポポサン島は、ダイビングの秘境。それで観光業こそ盛んといえど、現金収入が不安定で、多くの子ども達が学校教育を受けられないようです。そこで島民たちが生活自立することを目的にフェアトレードのココナッツバージンオイルプロジェクトが始まりました。手がけているのは、関西からインドネシアに移住した友人の女性です。

彼女が商品化した、カポポサン島のココナッツバージンオイルと、私が沖縄から直接仕入れている
オーガニックモリンガをトレードして、互いにお試ししました。いろんな試し方を自分なりにしてみて、ずっと使いたい!!と思えた上に、その主旨にも賛同したので、大プッシュで紹介させていただきます!


ん〜、自立支援?もっと観光地化すればいいんじゃないの?という意見もあるかもしれません。
たしかに観光地化にも良い部分があると思うのですが、やはり私はあまり気が進まないのです。美しい浜の私有化が進み、リゾートマンションが建ち、スターバックスやマクドナルドができて・・・大雑把な見解かもしれませんが、結果として、どこも同じ景色になってしまうから。
その土地を愛し、根を下ろす人たちが、そこの土地にあるものを生活に活かす知恵を持ち、責任を持って消費者に届け、喜びを分け合うフェアトレードこそ応援したい!!と私は思っています。



資料もめっちゃ愛情かけてます
これまでココナッツジュースを飲んで、殻はポイッ!と棄てられていたそう。その殻をギューっと絞った時に採れるココナッツバージンオイル(一番搾り!)の高い利用価値といったらビックリするほどです。目から鱗が落ちました。私もせっけん作りの過程でココナッツオイルを使うことがありますが、ここまでフレッシュで香りのよいものに出会ったことはありません。
直接肌につけてもサーッと肌に馴染んで浸透し、一切べたつく事もない。ひろがる甘い香りが気持ちもアゲてくれます。もちろん、そのままドレッシングにしても美味しいし、抗菌作用もあるのでうがいにもうってつけ。
彼女自身、アトピー肌で悩んでいたのが、とても楽になってきたようです。


詳しくは↓コチラを!

フェアトレードバージンココナッツオイル販売〜Love's Gallery meets Kapoposang Project〜

 

にしても、自分で手づくりのせっけん作って、ホタテの貝殻の粉ココナッツバージンオイルオーガニックモリンガなど。。。顔も人柄もわかる友人が提供してくれるラッキーな環境なので、薬局や百貨店の化粧品コーナーの前を通ると、その光景が異様に見えてしまいます。
いきなり百貨店で叫んだら通報されそうなので、ここに記しておきます。

転換期ですよ〜!こっちの方が気持ちいいし、余計なお金もかからないよ〜♪

at 23:59, fate, SELECTED STUFF

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://news.fatalbackground.org/trackback/1252541