<< もれなくついてきます♪ | main | からほりまちアート >>

モノは大切に

リフォームってのとは違うのだけど、
ここFATEのアトリエでは なんとか修理もやってます。

”なんとか”なんて言葉を添えたのには理由があって、
何故か、依頼される修理のモノは
どれも『え。。。』てモノが多いのです。


かなり消耗が激しかったり
石が留っていてバーナーを使えないようなモノだったり
欠けたパーツを紛失していたり。。。

今日”なんとか”納品出来た修理品は
シルバーのリングと聞いていたのだけど

....あきらかにイミテーション。
おそらく 錫&鉛&アンチモン に 加えてニッケルメッキ

こうゆうのイミテーションアクセサリーは
半田で修理出来ても強度に欠けるので
その旨をお断りしてから手を付けるようにしています。
せっかく大事にしてきたモノでしょうからなるべく直してあげたいんですが、
安いものですから買い直した方がイイ場合もあったりするんです。
今回は 直りました!!


と、直ったリングの写真を撮り忘れた。。。


もう一点、同じ方からの依頼は
これ。


金具の横が一本無くなってしまったのと
途中が切れて 解けてしまっています。

困った  けど
なんと、四半世紀振り???
ってくらいにビーズを触りました(笑
しかも 四半世紀前の???
ビーズを在庫として持っている自分にもビックリ!!

かなり手こずりましたが
直りました〜♪

そう、そしてこちらも修理完了の写真を撮り忘れる。。。

しょぼん。



それはさておき、壊れたら修理して またはリフォームして
モノを大事にするのは 思い出も大事にしているコトと
繋がっているように思います。


ビーズ細工をしていた幼い頃を
思い出す時間をくれた依頼者に
ありがとうの気持ちです♪



at 01:23, fate, Repear

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://news.fatalbackground.org/trackback/1064021