【SOSEI】9 pierces

百貨店やセレクトショップに並ぶ前の輸入もののアクセサリーで
検品落ちした 所謂「B品」達は、ほぼ修理されること無く
廃棄処分されると知ったのは2007年〜2008年頃。

「そうゆうの見過ごすの無理だ〜!」となってしまう私は
かつて派遣されていた そのバイト先に交渉しました。
「この廃棄BOXの山のアクセサリーパーツ、いただけないですか?」
応えは [NO] 。。転売などでメーカーの信用を失う可能性を考えたのでしょう。
しかし「作り替えたり、ワークショップ等で使いたいので」という理由を告げると
しばらく検討をした後に [OK] となりました。

遅まきに日本で”エコロジー”という言葉が一般的に普及し、
まさに流行っていたと思う。
「わ、エコだね♪」との俄な声に 些か生理的嫌悪が湧くのを感じながらも
それでも「でしょ?使わずに棄てられるなんて可哀想でしょ〜?」と
“ブーム”となっていた“エコ”が定着することを願っていた頃です。

昔のblog記事で確認してみると、確かにその頃ですね。
投稿は2009年だけど→
こちら

そんなこんなで、時間の余裕がある時にだけですが
廃棄処分行きのモノたちを拾い上げ 蘇生させるべく SOSEI活動を細々と続けています。
正直言って、一から作るより面倒なこともあります。
しかし私は、よく言えば「物持ちが良い」、 悪く言えば「断捨離できない」習慣なので
これも向いている作業なのかもしれません(笑)
(だからといってイケてない不用品とか押し付けないでね♪)
多くの人がそれぞれこうしてモノを大切にしてくれたらいいな、と願っています。


今回はピアスを9点紹介しますので
ご希望の方がいらっしゃいましたら
ご購入いただけますので 宜しくお願い致します。


A. 3200yen  SOLD OUT
   B. 3600yen
     C. 5400yen
   D. 3900yen
E. 4200yen
  F. 4900yen
     G. 4400yen
   H. 3900yen
I. 5400yen

ちょっと変わったデザイナーもののパーツばかりを使ったリメイク品で 安価での販売です。
また、再度手に入らない海外パーツばかりで、ほとんどが一点物のため破損された場合に再生不可の場合もございます。
出来るかぎり対応させていただきますが、どうかその点はご理解いただけますようお願い致します。


 
お取り置きまたは通信販売をご希望の方はメールでお問い合わせ下さい。
****@fatalbackground.org
      (****をinfoに変換して下さい)
在庫確認の後に お振込のご案内を返信させていただきます。


メール便 送料...160円 (破損や郵便事故の補償はございません)
宅配便  送料...500円(北海道と沖縄、離島へは追加送料がかかります)

 

at 21:50, fate, SOSEI

comments(0), trackbacks(0), - -

蘇生雑貨

”リフォーム”に区分してみたけど
新たにカテゴリー作った方がよいかしらね

今度の日曜日に上賀茂神社の手づくり市へ参加する際に
もっていく 廃材をつかった雑貨たち


お馴染みのブックマーカーや携帯ストラップの追加と
新たにピアスとマグネットを作ってみた

写真の右上辺りのがマグネットなんだけど
元々は ほとんどが壊れたイヤリング

金具を取る⇨裏を平らに削る⇨破損部分の修理(取れた石を付けたり 曲がった箇所を直す)
⇨マグネットを付ける⇨裏のスキマを紙粘土で覆う⇨乾燥⇨接着で補強する⇨乾燥⇨
ニスを塗る⇨乾燥⇨再度ニスを塗る⇨乾燥

こんな作業工程でやってみたんだけど
どうなんでしょ?

この子達は イヤリングとして修理もされずに棄てられる運命だったのを
”もったいない病”の私が引き取ってきたわけだから 私なりの育て方をして良いわけだけど
やはりイヤリングだったときの方が綺麗に見えるような。。
デパート等で数千円も数万円もの価値があるはずだったのに
ちょっとの事で 数百円の雑貨になるだなんて。。気の毒な話だわ〜


だけど 修理だけして販売するようなことをしたら
もろ闇商売みたいだし なにしろ自分的に面白くないのだよね

あーだこーだ
面倒見ながら
新しい命を吹き込んで
生活の中に還す

その面白さを少しでも感じてもらえたら
この地味すぎる作業への報酬は充分だ

うん まずは充分だ

買ってもらえたら

うん いいなぁ





at 23:56, fate, SOSEI

comments(3), trackbacks(0), - -